「若い女」画像 「若い女」画像

「若い女」タイトルロゴ

2017年カンヌ国際映画祭カメラドール〈新人監督賞〉,2017年リュミエール賞最有望女優賞 嘘つき、泣き虫、見栄っぱり 交際10年の恋人は去り額の傷と白い猫だけが残った。やけっぱちのポーラが繰り広げる等身大のパリ暮らし。 公開情報

8/25(土)
渋谷ユーロスペースほか
全国順次公開

news

猫 水着を着たポーラ

introduction

嘘つき、泣き虫、見栄っぱり
何もかも失くした
孤独なヒロイン

タバコを持ったポーラ

31歳のポーラは、10年付き合った写真家の恋人に突然別れを告げられる。お金も、家も、仕事も無い彼女は、恋人の飼い猫とともにパリを転々とするはめに。何をやっても裏目に出てしまい、意気消沈する中、ようやく自分の居場所を見つけたかに思えたが……。自由奔放でちょっとくせ者のヒロインが、新たな人生に向かって少しずつ前へと進んでいく。現代に生きるすべての女性に贈る、孤独と自由、そして希望の物語。

卒業制作の脚本をもとにした
監督作が
カンヌ国際映画祭
カメラドールの快挙!
フランスの若手女性監督、
鮮烈なデビューを飾る

フランス若手女性監督の
鮮烈なデビュー作!
カンヌ国際映画祭
カメラドールの快挙!

電車の中で友人と向かい合わせに座るポーラ

監督のレオノール・セライユは2013年にフランス国立映画学校の卒業制作として書いた脚本をもとに本作を完成させ、見事2017年カンヌ国際映画祭でカメラドール(新人監督賞)を受賞。カンヌを皮切りに数々の映画祭で様々な賞を獲得し、フランスで最も権威のある映画賞・セザール賞にもノミネートを果たした。主演のレティシア・ドッシュは本作での体当たり演技により、リュミエール賞最有望女優賞を獲得。今後が期待される才能溢れる若手女優である。パリ中をエネルギッシュに動き回るポーラを体現したドッシュは、時代にふさわしい、何者にも媚びない新しいヒロイン像を作り出した。

もうひとりの主役は、
私たちの住む街と
なんら変わりない、
普段着のパリ

もうひとりの主役は、
普段着のパリ

屋外でウスマンと話し込むポーラ

地下鉄、クラブ、映画館、ショッピングモール……物語の舞台は、パリと聞いて誰もが想像する華やかな観光地ではない。どこかで見たことがあるような、親しみが沸くが、時に冷たい街。新進気鋭のフランス人作曲家ジュリー・ルエが紡ぎ出すポップなサウンドにのせて、素顔のパリが映し出される。

trailer

後ろ姿

story

ポーラ、31歳。恋人は去り、
額の傷と白い猫だけが残った。

横になるポーラと猫

フランス、パリ。31歳のポーラは、10年付き合った写真家の恋人に突然別れを告げられる。お金も、家も、仕事もないポーラは、恋人の飼い猫とともにパリを転々とするはめに。ところが、気ままな性格が災いし、居候先の友人宅からも、安宿からも追い出され、疎遠だった母親にも拒絶されてしまう。パリにはポーラの居場所などなかったのだ。なんとか住み込みのベビーシッターのバイトを探し出し、ショッピングモールの下着屋でも働き始める。ようやく自分の居場所を見つけたかに思えたが……。

staff/cast

監督・脚本
レオノール・セライユ

レオノール・セライユの写真

1986年フランス生まれ。リヨン、パリ、バルセロナで文学の勉強後、フランス国立映画学校(La Femis)の脚本制作コースで学ぶ。卒業後16㎜フィルムで撮影し、ナタリー・リシャール主演の短編『Body』を監督。『若い女』は卒業制作の脚本を元に監督した長編デビュー作である。

ポーラ
レティシア・ドッシュ
LAETITIA DOSCH

レティシア・ドッシュの写真

1980年フランス生まれ。女優。フロラン演劇学校を経てスイス・ローザンヌのManufacture(舞台芸術専門学校)で学ぶ。2009年の短編映画でキャリアをスタートさせ、ジュスティーヌ・トリエ監督『ソルフェリーノの戦い』(13)で主演をつとめ注目を集める。ほか、カトリーヌ・コルシニ監督『美しい季節』(15)、クリストフ・オノレ監督のミュージカル映画『ソフィーのいたずら』(16)などに出演。ダンサー、作家、演劇監督としても才能を発揮し、特に舞台「レティシアは屁をこく」にてその輝きを放っている。本作での体当たり演技が認められ2018年リュミエール賞最有望女優賞を受賞。フランスでいま最も注目される若手女優である。

ジョアキム
グレゴワール・モンサンジョン
GRÉGOIRE MONSAINGEON

グレゴワール・モンサンジョンの写真

1973年フランス生まれ。俳優、ディレクター、劇作家、ミュージシャン。97年から国立演劇芸術高等学校(ENSATT)で学び、古典から現代まであらゆる戯曲を探求。ボート・シュトラウスやグレゴリー・モットンなど多くの演出家との舞台を経験。近年はフランスのテレビドラマ「Trepalium」(16) や「Les Revenants」(12)でも活躍。映画の出演は、本作のほかに『Tu seras un homme』(13)、ベルリン国際映画祭コンペティション部門にノミネートされたクリスティアン・ペッツォルト監督『TRANSIT』(18)など。

ウスマン
スレイマン・セイ・ンディアイ
SOULEYMANE SEYE NDIAYE

スレイマン・セイ・ンディアイの写真

1982年セネガル・カオラック生まれ、フランス在住の俳優・モデル。カンヌ国際映画祭ある視点部門に出品されたムーサ・トゥレ監督『小舟』(12)で主役を演じた。ほか出演作に『Des étoiles』(13)などがある。

ポーラの母
ナタリー・リシャール
NATHALIE RICHARD

ナタリー・リシャールの写真

1963年フランス生まれ。女優。ダンスと演劇からキャリアをスタートさせ、パリのフランス国立高等演劇学校を経て、シャンタル・アケルマン監督『ゴールデン・エイティーズ』(86)でスクリーンデビュー。オリヴィエ・アサイヤス監督『イルマ・ヴェップ』(96)での演技が評価され、全米映画批評家協会賞の最優秀助演女優賞を受賞。ほか代表的な出演作にカンヌ国際映画祭で監督賞など3部門を受賞したミヒャエル・ハネケ監督『隠された記憶』(05)、マーク・ロマネク監督『わたしを離さないで』(10)など。

comment

ポーラは最初ものすごくブスで、「え!?、ん!?」って気持ちでスタートしていくのですが、笑うと吸い込まれそうな笑顔に完全にやられて、大ファンになってしまいました。可愛くて、ちょっと悲しくて、愛しいポーラ。私もアイペンシルでヒゲを描いてみようかな。

大九明子 (映画監督)

ボロボロだった彼女。見渡す限り厳しい現実。何とも交わらない彼女。でも彼女が選ぶ決断にはなぜか迷いがない。きっと大丈夫、物憂げなポーラがそんな言葉を投げかけてくるような気がする。

小谷実由 (モデル)

ポーラの選択に勇気をおぼえる。女性が迫られる一種の決断は、その切実さと比べてなお、非難され、冷遇され、異端視される。『若い女』はそれを腫れ物としてでなく、ひとりの女の息づかいで描いてみせた。たしかに彼女は社会の周縁へと押しだされていった。けれども自分の道の中心を歩きだしたのだ。

五所純子 (文筆家)

人生のすべてを一から創っていける、そんな勇気を与えてくれる不思議な魅力、エネルギーを持つ登場人物ポーラは、これまで映画で出会ったことがないような、あらたな女性像の誕生を感じさせる。

坂本安美 (アンスティチュ・フランセ日本 映画プログラム主任)

この映画には、若い女の混乱がすべて詰まっている。焦り、怒り、孤独、強がり、はぐらかし。場所はそこらじゅうにあるのに、「居場所」はどこにもない。何者でもない自分を持て余し、のたうち回る。でも、大丈夫。そうやって若い女は自分を手に入れるのだから。

ジェーン・スー (コラムニスト/ラジオ・パーソナリティ)

最初の5分で「やることなすことメチャクチャ!絶対にこんな人と関わりたくない!」って思っちゃうくらい破滅的なポーラ!でもその瞳の奥には、かすかな怯えがゆらめいてる。愛を信じてないような態度の裏で、いつもぬくもりを求めてる。そう気が付いた時、彼女の中にかつての私を見つけた気がした。

瀧波ユカリ (漫画家)

ポーラは、若い女というよりヤバい女だ。ずっと恋人に庇護されていたせいか、生きるのがとても下手。だけど自分の足で立とうとしてる。自分を明け渡すのは、もうおしまいにして。

山内マリコ (作家)

きみは僕のミューズ? 消費されてきた女たちがリベンジする時がきた。自分をモデルにした写真で有名になった、かつての師だった男との恋が終わり、パリの街に放たれたヤバい女子、ポーラ。女神が人間へ帰還する大冒険はあまりにもタイムリー。

柚木麻子 (作家)

フランス映画はこれまでもパリの夜の街を若い女性が彷徨する姿をとらえてきたかもしれないが、孤独で困窮した女、同時代的な若い女の姿をここまでしっかりととらえ、かつ笑いを誘う喜劇的奇抜さも持ち合わせた作品は滅多にないだろう。

ニコラ・エリオット / Cahiers du Cinema (仏映画誌)

驚かされて、とても笑える!レティシア・ドッシュは今後追うべき女優。

ELLE (仏女性誌)

『若い女』は近年のフランス映画の中で最も美しい驚きのひとつ。

Bande à part (仏映画情報サイト)

collaboration

"カッコつけすぎてない
自由な女子を盛り上げる"
キャンペーン

実施中!

ブラッスリー・ヴィロン渋谷店ブラッスリー・ヴィロン渋谷店の写真

東急百貨店 渋谷・本店の向かい、赤を基調とした外観が一際目を引く「ブラッスリー・ヴィロン」にて映画とコラボしたオリジナルディナーメニューを展開

実施期間:8/25(土)~9/28(金)
実施店舗:渋谷区宇田川町33−8 塚田ビル / 03-5458-1776

tokyo-calendar.jp/restaurant/405

おちゃらかコラボレーション商品画像

日本橋COREDO室町の日本茶専門店「おちゃらか」でポーラをイメージしたフレーバー日本茶を販売。また感想投稿キャンペーンでフレーバー日本茶をプレゼント!

実施期間:8/25(土)~9/28(金)
実施店舗:中央区日本橋室町2-2-1 COREDO室町1- B1F / 03-6262-1505

www.ocharaka.co.jp

LOFT9LOFT9の写真

ユーロスペースに隣接するロフト初のカフェ「Cafe9」にて、おちゃらかのフレーバー日本茶を使用したオリジナルドリンクを展開

実施期間:8/25(土)~9/28(金)
実施店舗:渋谷区円山町1-5 / 03-5784-1239

www.loft-prj.co.jp/loft9/cafe9

タイガーリリー
トーキョータイガーリリーの写真

『Tiger Lily Tokyo』(タイガーリリートーキョー)は現代を強く生きる美しい女性をイメージしたクローゼット。世界中からセレクトされたスタイリッシュなランジェリーは柔らかな肌の一部となってあなたの毎日を鮮やかに彩ります。

実施期間:8/25(土)~9/28(金)

映画公開記念の期間限定のキャンペーンやイベント情報はコチラ!
www.tigerlilytokyo.co.jp

イル・フェリーノイル・フェリーノの写真

ファッションとしての自由なランジェリーの楽しみ方を提案する新感覚のランジェリーコンセプトショップ。オリジナルブランドを始め、世界各国から新進気鋭なランジェリーブランドをセレクト。

実施期間:8/25(土)~9/28(金)
実施店舗:渋谷区神宮前2-19-13-2F / 03-6447-0402

映画公開記念の期間限定のキャンペーン情報はコチラ!
ilfelino-store.com

クヴォン・デ・ミニムクヴォン・デ・ミニムの商品画像

南フランスで誕生し、400年の歴史を受け継ぐ、伝統と上質のボタニカルスキンケア〈クヴォン・デ・ミニム〉より「ジェントル フェースクリーム」を公開初日にご来場の方へプレゼント(数量限定・ご入場順)。また、感想投稿キャンペーンで「ネイルケア デビューセット」をプレゼント

www.lecouventdesminimes.com

theater

手を広げるポーラ

特別鑑賞券
¥1,400(税込)発売中!

劇場または対象窓口でご購入の方に
「ムチャチャステッカー」を
プレゼント

※数量限定・先着順
※対象窓口:通販サイトフランス語書籍専門店・欧明社

ムチャチャステッカー
    
地域 劇場名 TEL 公開日 前売券
北海道・東北
北海道 シアターキノ 011-231-9355 11/24
宮城 チネ・ラヴィータ 022-299-5555 9/21
関東甲信越
東京 ユーロスペース 03-3461-0211 8/25
千葉 キネマ旬報シアター 04-7141-7238 9/15
神奈川 横浜シネマ・ジャック&ベティ 045-243-9800 近日
群馬 シネマテークたかさき 027-325-1744 10/6
長野 松本CINEMAセレクト 0263-98-4928 11/2
長野 上田映劇 0268-22-0269 9/29
中部
愛知 伏見ミリオン座 052-212-2437 9/22
静岡 静岡シネ・ギャラリー 054-273-7450 10/13
関西
大阪 テアトル梅田 06-6359-1080 9/15
京都 出町座 075-203-9862 10/6
兵庫 豊岡劇場 0796-34-6256 9/15
兵庫 神戸アートビレッジセンター 078-512-5500 10/6
中国・四国
山口 山口情報芸術センター 083-901-2222 10/19~21
九州
鹿児島 ガーデンズシネマ 099-222-8746 10/13
TOPに戻る